秩父トイレ情報30 大滑沢公衆トイレ(滝沢ダム貯水池上流端広場)

秩父

施設名(トイレ名):大滑沢公衆トイレ(滝沢ダム貯水池上流端広場)

場所:埼玉県秩父市大滝

状態:☆☆

利用し易さ:☆☆

自販機:×(付近に有〇/無×)

スポンサーリンク

トイレについて

滝沢ダムの施設広場で最も上流にある「貯水池上流端広場」。県道210号線で中津川に向かう途中で幾つかのトンネルを抜けますが、国道140号線から数えて5つ目の「雷電三高山トンネル」を抜けた先で、この広場入口となる旧道があります。旧道に進み小さな沢を渡る橋の脇にこのトイレがあります。トイレは滝沢ダム、貯水池上流端広場と合わせて建てられたので比較的新しいトイレです。場所的に利用する人も少ないと思われるトイレですが管理はされています。しかし冬季は閉鎖となる場合や、広場入口となる旧道にゲートがあり、このゲートが閉じられる場合もあります。

周辺の施設・お店など

周辺にはお店などはありません。自販機は最も近い場所で国道140号線の滝沢ダムの管理所や滝沢サイクルパーク、県道210号線を先に進んで中津川にある、彩の国ふれあいの森か中津川渓流釣り場になります。

紅葉の時期には県道210号線を少し進んだ場所(相原橋観光トイレがある)に、「後藤商店」さんが屋台を出しています。しし汁や椎茸焼きなど様々なメニューがあります。

国道140号線から「貯水池上流端広場」に至る県道210号線の途中に、滝沢ダム(奥秩父さくら湖)の反対側(右岸側)に渡る「塩沢もみじ橋」があります。この橋を渡り少し進むと「塩沢望郷広場」がありますが、こちらにはトイレはありません。右岸側の道路は付替市道ですが、そのまま下流方向に向かって進むと滝沢ダムの右岸を通って国道140号線のループ橋下、または二瀬ダム方向にも抜ける事が出来ます。ただし右岸側道路は通行止めになっている事も多いです。

その他・補足

トイレ脇に沢がありますが、沢に降りられるような形になっています。この沢に掛かる橋は「大滑橋」で昭和42年8月竣工との事。旧道はここから県道210号線と分かれてダムの右岸側に進みますが、「貯水池上流端広場」から先はゲートで封鎖されています。また上記の通り「塩沢もみじ橋」から「塩沢望郷広場」を通過して滝沢ダム右岸に至る市道は付け替え道で、旧道は「塩沢もみじ橋」の下を通過しています。下記はトイレ横の沢(大滑沢?)とその沢を渡る旧道の大滑橋です。沢には人工的な部分があります。

「貯水池上流端広場」については下記記事を見て下さい。

※トイレは綺麗に使わせて頂きましょう。出来れば近くの自販機等の御利用を。