ノートPC(Windows10・GPS未搭載機)でGPSを使う U-Blox7(USB接続)

2019年6月28日Ad

前回Yoga Tablet2(1051F・Windows8.1)で内蔵GPSおよびUSB接続のGPSレシーバーを試してみて、どちらからも正しい位置情報を取得する事が出来ました。ただしYoga tablet2の再利用方法としてナビゲーションアプリの利用が出来ればと思いましたが、肝心のナビゲーションアプリは現状(2019年6月)Windows環境では、ほぼ全て販売やサービスの終了となってしまった状況です。従って結局はYoga tablet2の再利用に至らないのですが、折角購入したGPSレシーバーなので、GPSを内蔵していないノートPC(Windows10)へインストールしてみます。

スポンサーリンク

注記

この記事は2019年6月現在での内容です。実際に私が行った内容で書いていますが、その後に製品やアプリ等の仕様や方法が異なる場合があります。これら記事の内容を参考にしての作業等は、自己責任と自己判断の下でお願い致します。また私個人の所感や勘違い等の可能性もあるので、記事内容の保証は出来ません。

Windows10 へのインストール

下記が購入したUSB接続のGPSレシーバーです。前回のYoga Tablet2(Windows8.1)へのインストールでは、ドライバーのインストールが必要でしたが、Amazonのレビューの中ではWindows10での使用に関して、ドライバーはインストールせずとも自動で認識されたとの書き込みもあります。

ドライバー無し

とりあえず購入したUSBのGPSレシーバーを、ドライバーのインストールは行わないままノートPCに刺してみました。すると上記の様に「USBシリアルデバイス」としてCOM3ポートで認識されました。ただし「センサー」デバイスとしての認識がありません。

GPSの受信状況を確認する為、メーカーのHPからサポート → 製品リソースと進み、左側メニューから「評価用ソフトウェア(Evaluation Software)」を選択して「u-center for Windows」のみをダウンロードしてインストールしました。インストール時にドライバーとしてWindowsのシリアルドライバーを使用する選択があったので、チェックを入れておきました。※前回YOGA Tablet2の時はu-centerのバージョンは19.05でしたが、今回19.06になっていました。

※注記 2019年12月、久しぶりにU-bloxのサイトを見るとサイトは英語と中国語のみになったと表示がありました。ただしドライバー類は変わらず、Support → Product Resourcesと進んだ先にあります。

u-center for Windowsを立ち上げて、左上からCOMポートをUSBシリアルデバイスの「3」、通信速度を「9600」に選択してみると、各GPSを受信して表示されました。Windows10では特にドライバーや仮想COMポートは必要無いのかと思いながらしばらくu-centerでの受信状況を眺めていましたが、QZSS(みちびき)衛星が一向に受信されません。

COM3ポートを確認してみると、情報としてさらにインストールが必要とも表示されています。

ドライバー有り

QZSS(みちびき)が出てこないので、ドライバーと仮想COMポートもインストールしてみます。メーカーHPでサポート → 製品リソースから左側のメニューで「ドライバー(Driver)」を選択し、YOGA Tablet2の時と同様に「u-blox GNSS Sensor Device Driver for Windows, v2.40」と「u-blox GNSS VCP Device Driver for Windows, v3.10」をダウンロードしてインストールしました。※各バージョンは2019年6月現在。

するとUSBシリアルデバイス(COM3)は無くなり、代わりにインストールした仮想COMポートがCOM4で認識され、さらにセンサーデバイスとしても「u-blox 7」が追加されました。

改めてu-centerを立ち上げてCOMポートを「4」に変更すると、各GPSが受信されました。また今回はQZSS(みちびき)も受信しています。やはりWindows10であってもドライバー(及び仮想COMポート)のインストールは必要の様です。

スポンサーリンク

Windows10での位置情報利用

Windows10で位置情報を使用するには、幾つか設定を行う必要があります。まずは「設定」から「プライバシー」→「位置情報」を選択します。

最初にある「このデバイスでの位置情報~」の「変更」ボタンをクリックして、表示される位置情報へのアクセススイッチをONにします。次にその下の「アプリが位置情報に~」のスイッチもONにします。

さらにウィンドウを下へスクロールし、位置情報にアクセスできるアプリのスイッチをONにします。

また「設定」から「ネットワークとインターネット」を開き、「機内モード」にあるGPSデバイスのスイッチもONにする必要があります。YOGA Tablet2では内蔵GPSとUSBのGPSで2つスイッチがありましたが、今回のノートPCではGPSは内蔵されていないので、上記の様にその1つのみです。

地図アプリ

YOGA Tablet2(Windows8.1)での標準地図アプリは「Bing地図」ですが、現在地も正確に表示する事が出来ました。変わってWindows10では「マップ」となっていますが、今回私が試した限りではGPSで現在地が認識出来ている状況(u-centerアプリ上)でも、正しい現在地は表示されませんでした。設定の位置情報にある「このデバイスの場所の履歴を消去する」を行うと、解決する場合がある様ですが、これを行っても変化はありませんでした。

またWindows8.1の「Bing地図」と同様に、Windows10の「マップ」も「ルート案内」として出発地と目的地を設定し、ルート検索までは出来ますが案内を開始する事は出来ません。海外では上記左図の赤枠辺りに「Go!」というボタンがある様ですが。

ただしchromeブラウザ上でのGoogleMapでは正確な現在地が表示されていました。chromeブラウザでは設定で位置情報に関する設定があります(上記)。この辺りにもMicrosoftとGoogleの差を感じてしまいます。

まとめ

やはりWindowsデバイスでナビゲーションというのは、需要の無い市場だったのだと痛感しました。今回USBのGPSレシーバーを購入して、少しはこれで遊べるかなと思ったのですが、結局何も出来ずに終わりました。

過去にはWindows向けのアプリもあった「MapFan」ですが、現在はWindows用にナビゲーションSDKの提供を行っています。一般へのアプリ開発向けと言うよりは、業種等で特化した専用アプリの開発向けの様に見えます。

YOGA Tablet2にAndroid-x86やChromiumOSをインストールして再利用する方法もありますが、これらは既に試していて、内蔵GPSを利用出来なかったりWifi等の問題があって見送っています。残るはAndroidのエミュレーターくらいですかね・・・。