Ad, micro:bit, 社外部品・DIY

micro:bitには25個のLEDが搭載されていて、プログラムを組むことにより自由にアイコンや文字を表示出来ます。ただし連続する数値や文字を表示させるとLEDに流れる様に表示されるので、micro:bitである程度の長さとなる数値や文字を扱うプログラムを組み、その内容を確認する場合の利用には向いていません。そこで今回はLCDパネルを購入してmicro:bitで利用してみます。

2020年1月23日micro:bit, 社外部品・DIY

micro:bitには無線通信機能としてBluetooth(BLE)と単純なチャンネル方式の2つがあります。チャンネル方式についてはこれまでに既に試していて、Bluetoothについてもスマホ用のコンパニオンアプリを使用してプログラムの書き込み(ダウンロード)は行っています。今回はスマホからmicro:bitに文字や数値を送信出来るアプリを使用して、実際にmicro:bitで受信出来るのか試してみます。

スポンサーリンク

micro:bit, 社外部品・DIY

サーボモーターについてはここまで、オーソドックスな角度指定タイプを利用してきましたが、折角なので連続回転(360度)が出来るサーボモーターも購入してみました。今回はMicrosot MakeCodeでの連続回転サーボモーターの利用方法とその様子を見てみます。

micro:bit, 社外部品・DIY

前回はサーボモーターを2つ組み合わせて、上下左右に動く雲台を作りました。ただし車載動画での利用を考えると上下方向の動きは不要かと思います。今回はサーボモーターは1つにして左右のみの動きにし、micro:bitでの動作プログラムももう少しスムーズに動く様にしたいと思います。また実際に車内に設置して動画も撮影してみます。

micro:bit, 社外部品・DIY

micro:bitでのサーボモーターの利用方法が分かったので、今回は実際にサーボモーターを使った可動式の雲台(カメラマウント)を作ってみる事にしました。サーボモーターは2個購入しているのでこれを組み合わせ、上下左右へ動かせる様にします。

スポンサーリンク