2020年3月23日Ad,社外部品・DIY

先日、ZOOMのハンディレコーダー「H2n」を購入しました。発売からだいぶ時間も経っていて(2011年発売)、そろそろ新しい機種が出ても良い気もしますが待っていても仕方が無く、音声用のレコーダーでは一時期のアクションカムの様に劇的な進化も無いだろうと思い購入に至りました。ただしH2nは通常のXYマイクの他にMSマイクも搭載し、録音方式も様々あってまだ良く分かっていません。今回は機能的な部分を理解してみます。

2020年3月14日YOGA Tablet2

前回はWindows10のインストールメディアをUSBメモリーで作成した上で、Windwos8.1上からsetup.exeを実行してWindows10のインストールを行いました。今回はYOGA Tablet 2のBIOS上からインストールメディアのUSBメモリーを起動する方法でWindows10をインストールしてみます。またその後、こちらもUSBメモリーで事前に作成したWindwos8.1の回復ドライブを使用して、元に戻してみる事も試してみます。

2020年3月14日YOGA Tablet2

これまで、使用しなくなったYOGA Tablet 2にAndroid-x86やChromium OSのインストールを行ってきました。ただしどのOSでも、YOGA Tablet 2に搭載されているWiFiが機能しなかったり音が出ないといった事情があり、元のOS(Windows8.1)から移行しても良いと思える状態になりませんでした。そこで今回は本来のOSアップデートとして考えられるWindows10をインストールしてみます。

micro:bit,OBD2,社外部品・DIY

前回と前々回の記事で、ELM327を介してエンジン回転数を示す2バイトのデータが、micro:bitのバッファ内の定位置に入る事の確認と、アスキーコード16進数から数値10進数への変換プログラムの作成を行いました。今回はこれらを踏まえた上で実際にエンジン回転数を得られるプログラムを作成し、車両で試してみます。

micro:bit,OBD2,社外部品・DIY

前回、車両に接続したELM327へOBD2ポートに対しての情報取得命令(010C:エンジン回転数)をmicro:bitから送信し、その答えとなる返信をLCDパネルに表示出来る事は確認しました。実際の返信内容にはエンジン回転数以外の情報も含まれるのですが、繰り返しの取得でもmicro:bitのバッファー内で毎回同じ位置に入る事も確認出来たので、必要な部分のみ抜き出して利用出来そうです。ただし返信内容は16進数のアスキーコード(文字)なので、これを最終的には10進数の数値に変換する必要があります。

micro:bit,OBD2,社外部品・DIY

シリアル通信におけるRS232C通信については、TTLコンバーターを使用する事でmicro:bitとELM327間の通信は一応行う事が出来ました。今回は実際に車両のOBD2ポートにELM327を接続し、micro:bitの情報取得命令に対して、車両からの応答をLCDパネルで表示出来るか確認してみます。