秩父トイレ情報32 大日堂観光トイレ

秩父

施設名(トイレ名):大日堂観光トイレ(浦山大日堂バス停)

場所:埼玉県秩父市浦山

状態:☆☆

利用し易さ:☆☆

自販機:×(付近に有〇/無×)

スポンサーリンク

トイレについて

埼玉県秩父市の県道73号線沿い、浦山ダムから約6.8kmほど有間峠方向へ進んだ所にある観光トイレです。トイレ横に数台の車が止められるスペースがありますが、トイレのすぐ脇は秩父市側から来ているコミュニティバスの為のスペースになっているので、一般車両は止める事は出来ません。

秩父市の観光トイレは何処もしっかりと管理されているので、利用には全く問題ありません。この日は林道「広河原逆川線」が通れる期間だったので、有間峠を飯能市側から車で越えて来ました。ちょうどトイレにも行きたかったので実際に利用させて頂きました。

先のコミュニティバスは秩父駅行きが1日4便となっていますが、平日の朝のみ市立病院までの快速が1便ある様です。逆方向の秩父駅からは浦山大日堂まで1日3便です。

この周辺に自販機はありません。浦山渓流フィッシングセンターや秩父市ネイチャーランド浦山でも飲料の販売はあると思いますが営業期間もあるので、一番近い位置では浦山ダムになってしまうでしょうか。浦山ダムも自販機は施設内にあるので、夜間は利用出来そうにありませんが。

周辺の施設・お店など

浦山渓流フィッシングセンター

秩父市が管理する観光つり場です。毎年4月上旬から11月上旬までの営業となっています。フィッシングセンターは県道73号線から林道「広河原逆川線」へ入った先にありますが、林道が閉鎖となってもフィッシングセンターまでは通行できる場合が多い様子です。フィッシングセンターの駐車場から先、あるいはさらに1.5km先にゲートがあり、林道の閉鎖時はこのゲートのどちらかが閉じられます。

浦山大日堂

大日堂観光トイレから浦山川を挟んだ対岸にあるお堂です。普段はとても静かでひっそりとしています。毎年10月に「浦山の獅子舞」が行われ、今年のポスターもトイレに貼ってありました。未(ひつじ)と申(さる)年生まれの主本尊ともあります。

旧川俣小学校

大日堂観光トイレから県道73号線を少し秩父市街方向へ進むと、右手の高台に旧川俣小学校があります。現在は秩父市老人福祉センター「渓流荘」となっています。川俣小学校の閉校は1992年となっています。

旧浦山中学校

県道73号線でさらに秩父市街方向に進み、浦山大橋の約1km手前の道沿いに旧浦山中学校があります。こちらは現在特に利用される事は無く、校舎が残っているのみです。浦山中学校の閉校は1985年。

秩父市ネイチャーランド浦山

浦山ダム(秩父さくら湖)の左岸側奥にある、秩父市の日帰りキャンプ場ですが一時期は営業を休止していました。現在は民間の企業が運営を行う形で再開しています。ただし浦山ダムの左岸側道路は長らくダム駐車場から先は通行止めで、ネイチャーランド浦山へ向かうには右岸側(ダム管理所側)から県道73号線で浦山大橋まで来て、林道「栗山線」で左岸側へ渡ります。また浦山大橋の林道入口にはゲートがあり、朝9時~夕方5時の間しか開いていません。ネイチャーランド浦山もこの時間に合わせた営業時間になっています。

浦山ダム

国道140号線から数分で来る事が出来、秩父市街地からでもそれほど遠くない位置にある秩父4ダムの1つです。イベントや戦隊ヒーロー物の撮影などで有名なので、秩父のダムと言えばここでしょうか。防災資料館うららぴあには食堂(さくら湖食堂)もあるので、ちょっとした観光施設といった感じもします。ゆえに休日などは混雑する時もあるので、ゆっくりしたい場合は左岸側の駐車場がお勧めです。こちらにも自販機とトイレがあります(冬季は休止)。

その他

林道「広河原逆川線」については下記を見て下さい。

※トイレは綺麗に使わせて頂きましょう。出来れば近くの自販機等の御利用を。