WRX ハザードスイッチを増設する(VAB型)

2017年10月1日Ad, 社外部品・DIY

VAB型WRXのハザードスイッチが遠いので、別途スイッチを増設して手の届きやすい場所に設置したいと思います。方法自体は簡単で標準のハザードスイッチから配線を分岐させるだけです。この記事を書く2年くらい前にはその増設作業とスイッチの設置も終わっていたのですが、スイッチの選定と設置場所がイマイチで、スイッチはあっても結局使わずじまいな状態だったので、今回はスイッチと設置場所の変更しました。

スポンサーリンク

この車に限った事でも無く、前車GDBの時もハザードスイッチは遠かったです。スイッチを押す時はシートから背中が離れます。車が動いている間に運転の姿勢が大きく変わるのもちょっと怖さがあります。

これまでの増設スイッチ

上記の様にLEDアクセサリーライナースイッチの隣に、増設したスイッチを付けていました。左にあるのはナビのUSBケーブルに付けたUSBハブです。音楽用のUSBメモリーとナビのWifアダプターを刺していますが、こちらは今回は関係ありません。

この位置に付けた時は時間が無くて「とりあえず」という思いで付けたのですが、その後結局は修正せず。またLEDアクセサリーライナーと間違えたり、スイッチ自体も少し押しづらい印象でした。ちなみに、この時に利用したスイッチは下記の物です。

このスイッチは押してON、もう一度押してOFFになるスイッチです。いわゆるオルタネイト(自己保持)機能ですが、後方へのサンキューハザードなどでは押している間だけONになるモーメンタリ(自己復帰)機能の方が使い易かったりします。またスイッチの両側に誤操作防止用のガード(スイッチ面と同じ高さの壁)があって、逆にこれがスイッチを見ずに押す場合の邪魔になっています。勿論このスイッチが悪いのではなく、利用方法によるものですが。このスイッチは標準のハザードスイッチと同様にライトONでイルミネーションLEDを点灯出来ます。

変更したスイッチ

スイッチは下記にしました。こちらは押している間だけONとなるモーメンタリ(自己復帰)機能型です。ただしイルミネーションLEDは内蔵されていません。

この他にも押している間だけONとなるスイッチはエーモン社からは幾つか発売されていますが、いかにも「スイッチ」な感じがするので、見た目的に一番大人しい物にしました。色が黒であればさらに良かったのですが。

車で使う場合はオルタネイト(自己保持)機能の方が多い為か、モーメンタリ(自己復帰)機能のスイッチはあまりありませんね。

標準ハザードスイッチからの配線分岐

標準のハザードスイッチから配線を分岐するには、センターパネルを外してスイッチ裏側への作業が必要になります。センターパネルの外し方については下記を見て下さい。

標準ハザードスイッチには4本の配線があります。

黒白 ー イルミネーション(-)

緑 ー ハザードスイッチ(+)

黒 ー ハザードスイッチ(-)

紫 - イルミネーション(+)

今回はハザードスイッチを増設するだけなので緑と黒を使います。また単純なON-OFFなので極性を考える必要はありません。最初に使っていた「エーモン1622」のスイッチでイルミネーション用LEDを仕様する場合はLED配線に極性があります。1622のスイッチで青配線がイルミネーション(+)、黒がイルミネーション(-)になる様です。

上記はハザードスイッチに繋がっている配線とコネクターです。今まで使っていたスイッチ用のエレクトロタップが既に付いています。配線にはスポンジが両面テープで巻かれていますが、コネクターの根本まで巻かれているので、エレクトロタップを付ける分だけ剥がす必要があります。

スイッチはキーシリンダー式のキーの位置にカバーがしてあるので、そのカバーに穴を開けて付けました。カバーは手で簡単に外れます。

スイッチに付属している配線は短いので、別途延長します。キーシリンダーの位置から配線を通してからハンドル下、ナビ横、ハザードスイッチまで配線を持って行きます。結構スカスカなので、それほど苦労はありませんでしたが、ナビ横を通す際は配線通しをハザードスイッチ側から降ろし、配線を吊り上げれば簡単です。

多少余裕を持たせてからエレクトロタップで繋ぎます。繋いだら配線をまとめて適当な箇所で固定します。・・・完成後の写真撮らなかった。※追加しました。

変更後の使い勝手

過去、GDBに乗っていた時はスマートキーではなかったので、キーシリンダーの位置には手がスムーズに行きます。よってこの位置にハザードスイッチがあると目線を前方から移動する事無く、スイッチに触れる事が出来ます。とても使い易くなりました。他の場所ではやはりあちこちに手をやって探してしまうのですよね。ただし右手でスイッチを押して、その後すぐにシフトチェンジを行うタイミングだと、ハンドルの持ちかえが起こってしまうので注意が必要です。

補足

その後、増設したハザードスイッチは同じく増設したSIドライブスイッチ類とまとめました。

※この記事の内容、配線や製品等の情報、作業方法などは私の作業時の情報、方法ですので、これを保証する事は出来ません。実際の作業は自己責任の元でお願い致します。また電気的な作業を行う場合は、バッテリーターミナルを外しましょう。