ドライブルート21 国道411号線と都道45号線で奥多摩湖へ

ルート, 動画, 奥多摩

自:東京都青梅市本町(青梅駅前交差点)

至:東京都西多摩郡奥多摩町(水と緑のふれあい館前)

所要時間:約60分 距離:30km

スポンサーリンク

最近はブラブラとドライブをするにしても、奥多摩と秩父で割合を考えると、3:7くらいの割合で秩父が多い感じです。奥多摩ももちろん良い所なのですが「ルート」が限られていて、結局同じ道ばかりになってしまい、折角のドライブに新鮮味がありません。そこで以前から考えていた方法で奥多摩湖まで行ってみました。

奥多摩湖へ向かう

都心方面から奥多摩湖へ向かうには、青梅から国道411号線で向かうルートと、あきる野から檜原村を経由する都道で向かうルートがあります。あきる野からのルートは奥多摩湖の南から周遊道路を抜けて来ますが、都道33号線ー都道206号線と結局は1ルートしかありません(山梨側は除く)。青梅側も奥多摩湖付近では国道411号線しかありませんが、JR青梅線の青梅駅から奥多摩駅近くまでは、国道411号線と多摩川を挟んで並走する都道45号線があるので、この間は2ルートのどちらかを選択出来ます。と言っても、2つしか無いので何度も奥多摩へ行っているとやはり飽きてしまいます。

今回の方法(ルート)

今回は青梅側から国道411号線と都道45号線を使って奥多摩湖へ向かいましたが、条件を付けました。それは「多摩川に掛かる橋を渡って、国道411号線と都道45号線を交互に通行する」という事です。上記地図を見れば分かると思いますが、橋があったら反対側の道へ行くだけです。

実走行

くだらない事をしてるなぁ、とは思いつつあまり下調べもせずに青梅駅前から走り始めましたが、最初の内は橋はあっても5,6か所くらいだと思っていましたが、古里駅前までで8か所。古里駅前で都道45号線は国道411号線に接続するのでやっと終わったと思ったのですが、その先には「多摩川南岸道路」があり、4か所の橋で国道411号線と行き来しました。結局渡った橋の数は12。青梅駅前から、多摩川南岸道路と国道411号線が接続する愛宕大橋交差点までの走行距離は約27km。普通に国道411号線や都道45号線で向かえば20~22kmくらいの距離です。距離的には思ったほど増えていませんが、時間では橋を何度も渡ると50分くらい、真っ直ぐ進むと30分くらいです。橋を渡る度に交差点を通過するので当然ですが、下手をすると倍くらいの時間になってしまいます。

感想

・・・車でこのようなルートはお勧めしません、正直苦行です。橋を渡る方向を逆にすれば、同じ方法でルートは2パターンある訳ですが、ネタとしてそちらも走ってみたい気持ちはあるものの、当分は実行しないと思います。人それぞれでしょうが、私はダラダラと走っている方が合っている様です。橋と橋との距離も短いので、慌ただしかったというのが大きいでしょうか。

ただし、自転車で奥多摩湖へ向かう方には良いかもしれません。1つ1つの橋を渡りながら多摩川をのんびり眺める事が出来ます。また今回のルート上には、実際に渡った橋意外にも歩行者用の橋、吊り橋も多いので、これらを含めても良いと思います。全部回っていたら奥多摩湖まで辿り着けない気もしますが、ルートを奥多摩駅までとしても良いでしょう。※歩行者用、吊り橋での自転車は降りるか、現地の指示に従ってください。

休日に奥多摩しか行く所が思い付かず、ルートも飽きたなぁという方は試してみて下さい。楽しめるという保証は出来ませんが・・・。