WRX 任意保険について

2017年12月1日

先日、WRX(VAB-A型)の任意保険の更新をしました。この手のタイプの車種は任意保険も高めですが、契約内容や等級によっても大分変ってきます。最近はネット上で契約するタイプも増えてきましたが、私の場合は前車のインプレッサWRX(GDB-F型)からずっと同じ保険会社(担当さん)にお願いしています。GDBの頃からも含めて、WRXの保険料金について書いてみます。

スポンサーリンク

WRXの総合的な維持費については下記の記事を見て下さい。

現在の契約内容

保険会社や契約内容の詳細までは書けませんが、おおよその内容としては以下です。

※毎年の更新内容に合わせて修正しています。

基本的な部分

  • 個人、日常/レジャー使用、ゴールド免許、本人/配偶者限定、年齢条件、事故歴無し、20等級・事故有係数0年(63%割引)

補償内容

  • 対人/対物:無制限、人身、搭乗者

車の保証内容

  • 一般車両(フルタイプ → エコノミー)、免責1回目5万/2回目10万

その他の保証

  • ロードサービス費用、弁護士特約、日常生活、新車特約

通勤で車は使っていません。また他人へ車を貸す事も無いので自分のみの利用になっています。対人・対物無制限はもはや当然ですね。本人や搭乗者のケガの保証も。車両に関しては自損事故や相手が不明(当て逃げ)な場合でも保証されるフルタイプ(※15年目でエコノミーに戻しました)です。自損や相手が分からない場合は保証しないエコノミータイプにすると保険料も下がります。ロードサービスはJAFにも入っていますが、臨時宿泊や移動、レンタカーの費用が出ます。日常生活は車の利用に関係なく、他人や物にケガや損害を負わせてしまった場合の補償です。

WRX(VAB型)の料率クラスと等級、保険料

先日更新した際の車両料率クラスは「車両・対人・対物・傷害」の順に5・5・4・4でした。VAB型のWRXが出た初年は6・4・4・4で、その後5・4・4・4にもなりました。私の等級は現在18等級で割引率54%です。これらの内容で年間9万5千円での更新でした。

2019年11月追記

先日15年目の保険更新契約をしました。今のVAB型も2回目の車検を終えて5年経過し、新車特約が無くなりました。また車両保証をエコノミーに戻しました。さらにこれまで「本人・配偶者限定」だったのが、今回から「本人」のみにも変更可能となったのでこれも変更しています。その結果、大幅な保険料の減額になりました。ちなみに現在のVABの料率クラスは「車両・対人・対物・傷害」の順で「5・6・4・4」となっていました。

インプレッサWRX(GDB型)の頃

私が初めてマイカーとして所有したのがGDB型インプレッサWRXです。当然任意保険も初めて加入したので等級は最初の6等級です。保険内容は今とあまり変わりませんが、保険料との兼ね合いから車両についてはエコノミータイプにしていました。その時の料率クラスは上記4つで7・6・6・7。その頃は加えて「人身」という項目で7がありました。これらの内容で年間約16万円・・・。年齢と等級が低いとかなり高額です。18歳の初心者で車両への保証もフルタイプにすると当時は確か30万円超えで、さらに保険会社によっては契約不可でした。ちなみにGDBは以降9・7・6・8+人身8にまでなった事があります。

保険料の推移

自動車保険や料率クラスも制度が変わってきているので、今現在と過去の保険料は同じ内容でも一致しませんが、私が契約してきた保険料の推移です。

グラフは私がGDB型インプレッサに乗り始めた1年目からとなっています。10年目で保険料が上がっているのは、VAB型に乗り換えて車両への補償をフルタイプにした為です。またVAB型に乗り換えて以降は等級制度の変更(割引率、事故の有無)や保険料の値上げもあって、あまり下がった感がありません。

15年目で急に下がったのは、先の通り再び車両補償をエコノミーに戻し、運転者を「本人」に限定した事による為です。1年目に比べて1/3、VAB型に乗り換えた10年目と比較しても半分になった事は少し驚きです。

維持費としての保険料

私は日常/レジャー使用で、週に1,2回乗る程度です(その分距離は走りますが)。年間保険料を車の利用回数で考えると、1回の利用で1~2千円掛かっている計算になります・・・。私にとっての車、ドライブは貴重なものなので全く苦にはなりませんし、色々と頑張れます。