ドライブルート番外2 首都高速道路 その2

2017年7月31日その他地域, ルート, 動画, 首都高

自:東京都杉並区(高井戸I.C)

至:東京都世田谷区(永福I.C)

所要時間:約2時間(渋滞込み) 距離:約67km

 

スポンサーリンク

以前に首都高を1周する記事を書きましたが、その逆回りを走った事と「高井戸I.C」で乗って「永福I.C」で降りた時の料金について今回は書いてみます。以前の記事は下記です。

上記記事の時は中央道から首都高に入り、1周してまた中央道に戻ったので首都高の料金については最大の1300円(正確には都心流入割引&ETCで普通車1180円)になります。今回はちゃんと首都高管内で乗り降りして確認しました。

ルートについて

まずは前回のルートですが、時計回りで走っています。

4号新宿線 → C1都心環状線外回り → 5号池袋線 → C2中央環状線外回り → 6号向島線 → 9号深川線 → B湾岸線 → 11号台場線 → 1号羽田線 → C1都心環状線外回り → 3号渋谷線 → C2中央環状線外回り → 4号新宿線

今回は逆回りを考えて高井戸I.Cから乗りましたが、4号新宿線からC2中央環状線で渋谷に向かう新宿JCTで渋滞が見えてしまいました。これはやめておこうと思いそのままC1都心環状線に変更しました。結果としては前回の逆回りにはなっていません。よって今回のルートは、

4号新宿線(永福I.C) ← C1都心環状線内回り ← 5号池袋線 ← C2中央環状線内回り ← 6号向島線 ← 9号深川線 ← B湾岸線 ← 11号台場線 ← 1号羽田線 ← C1都心環状線内回り ← 3号渋谷線 ← C2中央環状線内回り ← 4号新宿線(高井戸I.C)

・・・今気付きましたが、最後の5号池袋線からC1都心環状線はすっかり忘れていました。渋滞で疲れたので早く帰りたかったのです。GoogleMapで示すと下記になります。

料金について

前回記事では首都高の料金・ルート案内サイト上で検索し、どのようなルートでも乗り降りしたI.C間の「最短ルート」の料金になると書きました。この最短ルートとなるI.Cについては色々注意点や例外もあるので、前回の記事も見て下さい。加えての注意点は乗り降りするI.C間で最短ルートと周回ルートの2パターンが選択出来る事です。今回の場合の永福I.Cは上り下りの両方向から降りる事が可能です。よって高井戸I.Cと永福I.Cの間には最短ルートと1周して戻って来るルートがあります。これが永福I.Cで乗って隣の「幡ヶ谷I.C」で降りた場合、幡ヶ谷I.Cには最短ルートになる上り方向の出口はありません。こうなると必ず1周して戻って来る事が不可欠になるので、料金は1周の最短ルートで860円になってしまいます。

上記は永福I.Cを出発地とした時の各I.Cへの料金表です。「永福→幡ヶ谷」は距離22kmになっているのに対し、幡ヶ谷のさらに1つ先の「初台」では距離3.3kmで300円になっています。「永福→永福」では1周の最短距離25kmで960円です。

上記は渋谷I.Cを出発地とした時の料金表です。渋谷I.Cは入口と出口が離れていて、入口から乗ってそのまま出口で降りる事が出来ます。I.Cとしては同じI.Cで乗り降りする形ですが、料金表では距離「0km」で料金は300円になっています。当然ですが全て考慮されていますね。下記サイトで料金についての説明と料金検索ページへのリンクがあります。

※首都高の料金は距離別ですが、普通車の下限料金は300円となっているので乗り降りするI.Cが隣同士、あるいは1つ先でも変わらない場合があります。逆に言うと下限料金300円となる条件として乗り降りするI.Cが隣同士である必要はありません。

実走行の様子

・・・渋滞ばかりで見どころの無い動画です。パート2の最後にETCが料金を喋っています。

本当はこの日は首都高を走るつもりは無く、洗車をしようと出掛けたら暑すぎたので諦めました。秩父や奥多摩の山の中を走って泥だらけの車で、恥ずかしいこと。車自体もアレですけど。というか、高井戸I.Cは国道20号線上ではなかったのですね。気が付いたら永福で、その後神田川沿いの住宅地をウロウロしてしまいました。

2018年1月

夜景を見つつまた1周してきました。B湾岸線からC2中央環状線、6号向島線、9号深川線で1周しています。

2018年6月

横浜方面を1周してきました。横浜駅西口I.Cで乗って東神奈川I.Cで降りています。