ドライブルート番外8 首都高速道路 その4(横浜編)

その他地域,ルート,動画,首都高

自:神奈川県横浜市西区楠町(横浜駅西口I.C)

至:神奈川県横浜市神奈川区神奈川(東神奈川I.C)

所要時間:約1時間15分(渋滞無し) 距離:約85km

スポンサーリンク

これまで首都高を300円で1周する記事を2つ書きましたが、どれも4号新宿線の高井戸I.Cから乗って同じく4号新宿線の永福I.Cで降りるパターンでした。理由は1周300円の条件に合うI.Cで居住地から一番近いだけの事ですが、今回は他の場所で条件に合うI.Cを探し、そこを基点として首都高を1周して来ました。

ルートについて

今回のルートは横浜駅近く、高速神奈川2号三ツ沢線(K2)の「横浜駅西口I.C」から首都高を1周して、隣のI.Cとなる高速神奈川1号横羽線(K1)の「東神奈川I.C」で降りています。

K2三ツ沢線 横浜駅西口I.C → K1横羽線 東神奈川I.C(通過) → 1号羽田線 → C1都心環状線内回り → 1号羽田線 → 11号台場線(レインボーブリッジ) → B湾岸線 → K3狩場線 → K1横羽線 東神奈川I.C

上記のルートではK2三ツ沢線からK1横羽線(羽田方面)に入るとすぐに東神奈川I.Cとなりますが、最初は降りずに通過しています。その後は適当に首都高を回って来て再び東神奈川I.Cで降りています。料金はこの場合でも300円でした。

首都高の料金

首都高の料金については前々回の記事(下記)で詳しく扱っていますが、首都高はどの様なルートであっても、首都高管内であれば入口I.Cと出口I.Cの最短ルートで計算されます。

神奈川県内の首都高

今回のルートは神奈川県内の首都高をメインとしています。神奈川県内から東京都心部を含めるとK1横羽線、B湾岸線、K3狩場線で大きな周回路に出来ますが、東京都心部までは行かずにK5大黒線やK6川崎線を利用する事も可能です。ただしK6川崎線を過ぎて都心部へ向かうとJCTの構造上、再び神奈川県内に戻って来られるルートがなかなかありません。今回はC1都心環状内回りを1周して戻りましたが、他では同じくC1都心環状線から6号向島線、9号深川線が最短になるでしょうか。首都高サイトのルート検索の地図を見ると、各JCTに「×⇔×」と表示されている箇所があり、これはその方向には通行出来ないルートとなっています。周回路を決める際には参考になると思います。

複雑なJCT

都心部ではグルグル回る大橋JCTやPAを含めた箱崎JCTが複雑ですが、神奈川県内では川崎浮島JCTやこちらもPAを含んでいる大黒JCTが複雑です。慣れればなんて事は無いと思いますが、進みたい「方角」を意識し過ぎると間違え易いのかもしれません。進みたい進路先名に素直に従って行けば良いだけの事ですが、「方角」意識が邪魔をして結局間違えるのが私です。複雑なJCTについては首都高サイトで案内も出ています。

・・・それでも大橋JCTの図は分かり難いです。実際に走るとそれほどでもないのですが。先の首都高のルート検索サイトでは、検索後に乗り降りするI.Cや通過するJTCの実際の走行動画も見られるので、予習には便利です。

今回の動画

横浜駅西口I.Cから「ルートについて」の項目でのルートを走行し、東神奈川I.Cで降りるまでの動画です。全行程ノーカットなので約1時間15分あります。神奈川県内で周回してしまうとすぐに終わってしまうので都心部まで行きましたが、C1の外回りがかなり渋滞していました。神奈川県内へ戻る際にレインボーブリッジを通過しようと考えていたので、必然的に内回りの利用になりました。

今回のルートでは冒頭の横羽線、終盤の湾岸線は正直見所の様な景色はありません。夜間であれば工業地帯の工場の夜景などが少しは見られるのかもしれません。みなとみらい周辺も首都高からはほとんど見えませんでした。

時間説明

動画が長すぎるので、下記に時間目安を記しておきます。

  • 三ツ沢線(K2) 1:00~
  • 横羽線(K1) 1:45~
  • 東神奈川I.C(通過) 2:15~
  • 1号羽田線上り 13:55~
  • C1都心環状線内回り 25:35~
  • 1号羽田線下り 39:45~
  • 11号台場線 40:20~
  • B湾岸線西行き 43:15~
  • 狩場線(K3) 1:07:15~
  • 横羽線(K1) 1:09:30~
  • 東神奈川I.C 1:13:10~

首都高は2018年6月現在、1号羽田線の更新工事が行われています(動画20:20辺りから)。大井JCTも湾岸線の東行きから羽田線上りへの利用は出来なくなっています。オリンピックに合わせて工事も多くなっている様なので、利用には注意が必要です。工事についても首都高サイトで全て案内されています。

おまけの動画

上記動画では車内からと車の前方からの2つのカメラ映像となっていますが、前方からの映像はかなり上下をカットしています。少し勿体ない気がしたので、前方カメラだけの動画も作っておきました。ただし上記に記載した「時間目安」は、動画スタート位置が異なるので合っていません。時間目安から45秒ほど早くなっています。

これまでの記事

これまでの首都高についての記事は、先の「その2」以外では以下になります。上側の記事は1周していますが、300円での利用ではありません。下側の記事は高井戸I.Cから永福I.Cで1周しています。