WRX センターコンソールの取り外しについて(VAB型)

車両・機能

現在私のWRX(VAB-A型)にて、とある作業を個人的に行っています。現在はその為の部品を3Dプリンターで作成したり、パーツを購入したりしていますが、前準備として車両側での作業も行いました。その際にセンターコンソールを外す必要があったので、この記事はセンターコンソールの外し方について書いています。

スポンサーリンク

センターパネル(ナビパネル)及び運転席右のヒューズ前カバーについては、下記記事を見て下さい。

センターコンソールを外す

センターコンソールを外そうとすると、ちょっと面倒で大変な印象がありますが、WRX(VAB-A型)はとても簡単に外す事が出来ます。ナビパネルの取り外しの方が何倍も苦労する印象です。

サイドブレーキ部のカバーを外す

センターコンソールを外す前にサイドブレーキ部のカバーを外す必要がありますが、こちらも簡単に手で外せます。最初に上記写真で運転席側の側面下部に指を掛けて上に持ち上げます(矢印)。側面側には2か所ツメがあって(赤丸2か所)先にこちらを外す形ですが、あまり大きく持ち上げずにツメが外れる程度で止めておきます。その後は助手席側でサイドブレーキレバーの左側を外しますが、こちら側には3か所ツメがあります(赤丸3か所)。こちらも同様に上に持ち上げれば外れます。

カバーが完全に外れたら、ブーツをサイドブレーキレバーから引き抜きます。ブーツはレバーの太さに対して余裕はあります。ブーツもレバーから抜けば完全に分離します。

上記はカバー内部のツメの様子ですが、先に外す側面のツメは上下方向にはまる形なので、取り外しの際に上方向ではなく、めくる様にしてしまうと破損する恐れがあります。

さらに注意点として、助手席側の部分の樹脂フレームは非常に細い構造になっています。ツメを外す際に片側から無理に持ち上げると簡単に折れてしまいます(赤枠点線)。実際に私はこの部分を折ってしまいました。外す際にはブーツ側から指を掛けて(矢印)、ゆっくりと慎重に3つのツメを同時に外す方が良さそうです。私はその後このカバーを持ち帰って、接着剤で修正しました。

コンソールを外す

サイドブレーキ部のカバーが外れると、SIドライブスイッチ横にネジが1か所あるのでこれを外します。

さらにアームレストのボックス内にネジが2か所あるので、これも外します。

合計3つのネジを外すとコンソールボックスは持ち上げる事が出来ますが、この際はSIドライブスイッチ側からフタを開く形で後部座席側にコンソールボックスを立てていきます。

理由はSIドライブスイッチやDCCD切替スイッチのケーブルが、上記の様に繋がっている為です。

すぐ近くでコネクターとなっているのでこれを外しますが、コネクターのツメが側面側にあるので細いマイナスドライバー等でツメを押しながら外す必要があります。ケーブルを外せばコンソールボックスも完全に取り外せます。

ちなみに、最初に外したSIドライブスイッチ横のネジの反対側はクリップになっていますが(矢印)、はめ込まれている様子はなく、単に位置決め用のピン穴という感じです。従ってコンソールボックスを外す際には全く意識しませんでした。

コンソールボックスを元に戻す

元に戻す方法も結局は外す方法の逆順序です。コンソールボックスを外すと分かりますが、コンソールボックスは本当に単に「乗せているだけ」で、先のSIドライブスイッチ横のピン穴以外で位置が決まる部分はありません。適当に3か所のネジ位置を合わせて固定するだけです。元に戻す際の注意点もやはり外す時と同様にサイドブレーキ部のカバーで、上からカバー全体を均一に押し込んでツメをはめる必要があります。

その他

私はコンソールボックスを外した後、SIドライブスイッチも外しています。この辺りは別途、それについての記事で書くつもりですが、もう一度コンソールボックスを外す必要があり、サイドブレーキ部のカバーの取り外しが心配です。