WRX マルチファンクションディスプレイ ダイアグモード

2017年1月20日動画, 車両・機能

WRXで、他のスバル車で行うことが出来るMFD(マルチファンクションディスプレイ)のダイアグモードが出来るか試してみました。ちなみにダイアグモードの正式(?)名称は「DIAGNOSTIC MODE」と言い、DIAGNOSTICは「診断」を意味します。

 

スポンサーリンク

ダイアグモードへの入り方

1、イグニッションOFF(ACCも)、全てのライトをOFF状態にする。

2、イルミネーションコントロールダイヤル(明るさ調整)を、減光位置(一番明るい位置以外)にする。

3、イグニッションON(エンジンは掛けない、プッシュスイッチ2回目の状態)にする。

4、3から3秒以内に、ライトスイッチをポジションかヘッドライトにする。

5、MFDのENTERスイッチを3回押す。

6、ライトスイッチをOFFにする。

7、MFDのENTERスイッチを3回押す。

8、もう一度、ライトスイッチをポジションかヘッドライトにする。

9、MFDのENTERスイッチを3回押す。

※上記3から9を10秒以内に行う必要があります。またボンネットと全てのドアを閉めた状態、操作中やダイアグモード中は電装品の操作をしない事。

これでMFDに「ダイアグモード」と表示されれば成功です。ライトスイッチはOFFにしても大丈夫です。イグニッションONはそのままの必要がありますので、電圧低下に注意して下さい。

ダイアグモードの内容

デモ画面設定という項目ありますが設定出来る内容は無く、デモ画面が表示されるだけです。一度デモ画面が始まってしまうと、元の項目選択の画面に戻れません。終了するにはイグニッションOFF(プッシュスイッチを押す)ですが、再びイグニッションをONにすると、デモ画面がまた始まってしまいます。普通にエンジンを掛けると元に戻ります。

設定を変更出来る項目は主にビルトインナビに関する物でした。生涯燃費補正という項目があり、おそらく実際の燃費との誤差を補正出来るのでしょうが、目盛りをどの程度調整すれば良いのか、程度が分かりません。

動画

MFDが付いているスバル車の全てで出来るとは限りません。また表示内容は車種によって異なります。試す場合は自己責任でお願いします。