秩父トイレ情報5 栃本公衆トイレ

2017年2月2日秩父


施設名(トイレ名):栃本公衆トイレ

場所:埼玉県秩父市大滝

状態:☆☆☆

利用し易さ:☆☆

自販機:×(付近に有〇/無×)

スポンサーリンク

トイレについて

秩父湖(二瀬ダム)の交差点にて左折して三峯神社には向かわずに栃本方面に向かい、さらにその先で二手に分かれる国道140号線を、栃本集落方面(右、山側の道)に進みます。地図上では「秩父往還」となっている国道140号で、栃本関所跡の少し手前にあります。

ここへ来るまでに集落の中や山林の狭い道を通りますが、トイレのある場所はちゃんと駐車が出来るスペースが確保されており、安心して休憩出来ます。トイレも綺麗に管理されています。

周辺の施設・お店など

自販機はありません。二瀬ダム管理所、滝沢ダム管理所、あるいは滝沢ダム近くの秩父市BMXサイクルパークで購入出来ます。栃本関所跡の近くに商店さんが1軒ありますが、どのような物が買えるのかは不明です。

その他・補足

ここへ来るまでの道中は集落の中の九十九折りを通ります。国道140号線と言っても大型バスやトラックはまず通れません(秩父湖側は工事の為のトラックの通行あり)。時々民家の庭先に通じる入口と間違えそうになるので注意が必要です。また栃本集落へはコミュニティーバス(マイクロバス)が走っていて、場所によってはすれ違いが出来ない個所もあり、常に対向してくる車等への注意も必要です。特に栃本集落内は普通車でも1台がやっと通過できるくらいです。

栃本関所跡が置かれている事からも、この道が秩父地方と山梨を結ぶもっとも古い道になると思います。現在では雁坂トンネルから滝沢ダムへ新しい道路が出来ているので、態々こちらへ来る車もほとんどありませんが、栃本関所跡や栃本集落付近の景色は都心部から来た方々にとっては驚きの景色だと思います。秩父湖へ通じる荒川の渓谷とその斜面に点々と建つ民家。

また秋には周辺の紅葉も綺麗です。秩父湖側から来ると途中で廃校となった小学校があります。一時期は養護学校として利用されていましたが移転して現在に至ります。景色に感動を覚えつつも時代の流れと寂しさも感じます。

栃本公衆トイレの手前に谷側に向かって木が伐採されている箇所があります。谷の深さが分かり、下を通るルートの道も見えます。

※駐車場という場所は一切ありません。迷惑にならないスペースを見つけてそこから歩くか(私有地や個人宅のスペースは厳禁)、コミュニティーバス(平日土休日)を利用する事になります。1台程度であれば、関所跡脇の栃本広場へ行く道側になんとか・・・?

※トイレは綺麗に使わせて頂きましょう。出来れば近くの自販機等の御利用を。