ドライブスポット7 秩父 滝ノ沢望郷広場

2017年4月2日動画, 場所, 秩父, 秩父おすすめ

滝沢ダムのすぐ近くにこの「滝ノ沢望郷広場」があります。滝沢ダムから山梨方面、秩父市のサイクルパークを過ぎて、最初のトンネル手前あたりから山側に向かって入っていく道の先です。

スポンサーリンク

この場所について

トンネル手前、国道140号線(彩甲斐街道)沿いにはもう一つ「浜平望郷広場」がありますが、こちらはダム湖(奥秩父もみじ湖)側の旧浜平集落の広場です。ダム湖側なので入る事は出来ませんが、「滝ノ沢望郷広場」はハイキングコースも整備されています。旧集落にあった民家などは全て無くなっていますが、集落内の道路、民家のあった場所や石垣などは残っています。観光目的として行くことや、ドライブスポットとして紹介して良いものなのかと個人的に思ったのですが、滝沢ダム管理所から「遊びにきませんか?」という案内もあります(リンク先はPDFです)ありました。※pdfの案内は無くなりました。

ダム建設の際に地すべり対策の為に移転となった集落で、望郷広場として整備された後も集落や人の生活の雰囲気を感じることが出来ます。広場という名称ですが滝ノ沢望郷広場自体はあまり広くありません。トイレ(冬季は閉鎖)と駐車スペースが2台分(内1台は障がい者用)だけです。

かなりの傾斜地で広場も元々は民家のあったスペースに作られた様です。ここを中心として斜面の上下に旧集落があり、徒歩で歩くことも出来ます。ただし歩道などは特に整備されていません。かなりの斜面なので注意が必要です。


滝ノ沢望郷広場のトイレと駐車スペースです。

トイレとは反対側、少し坂を上って東屋があります。

国道140号線から登ってきた道と奥秩父もみじ湖。斜面の角度が分かります。

さらに続く旧道もありますが、舗装は剥がされて車では進入できません。

旧滝ノ沢集落の案内があります。

小さな神社か祠があったようです。

斜面上方に石垣があり、民家のあった場所が分かります。

「龍泉寺」というお寺もあったようですが、こちらも移転しました。石碑があります。

龍泉寺跡にある案内。

龍泉寺のあった場所。石碑のある場所よりさらに斜面の上です。

階段もありました。

滝ノ沢神楽発祥の地、創立百年記念とあります。

どなたか訪れた様です。みかん(?)が置いてありました。

このような景色、風景を見ると人の一生というのも長いようで短いものだと感じます。この場所で何代にも渡って生活してきた方々がいらっしゃる一方、山々の景色はほとんど変わっていない気もします。色々思い、考えさせられる場所です。「浜平望郷広場」については以下を見て下さい。

その他・補足

龍泉寺は大久保地区に移転したと記されており、下記の地図の位置になります。

二瀬ダムへ国道140号線の秩父往還で向かう途中に、一時期う回路としても使用された市道があり、龍泉寺はその市道沿いにあります。この市道は滝沢ダム方向へはループ橋の足元に出て、その先で国道140号線の彩甲斐街道に繋がっています。

「滝沢ダムから滝ノ沢望郷広場」へ行った動画と、上記の市道を走行して「二瀬ダムから滝沢ダム」に行った動画があります。良かったら見て下さい。