秩父トイレ情報15 贄川宿観光トイレ

2017年4月17日秩父


施設名(トイレ名):贄川宿観光トイレ

場所:埼玉県秩父市荒川贄川(にえがわ)

状態:☆☆☆

利用し易さ:☆☆☆

自販機:○(付近に有〇/無×)

スポンサーリンク

トイレについて

国道140号線から小鹿野、両神方面に向かう県道37号線があります。現在は贄川交差点があり、ここから県道37号線になりますが、この交差点が出来る以前は贄川地区を通過する形でした。この贄川地区に国道140号線から入った所にある観光トイレです。トイレは綺麗に管理されています。自販機も設置してあります。駐車スペースは普通1台、障がい者用1台しかありません。

周辺の施設・お店など

贄川宿

この地域は旧宿場町で現在もその雰囲気があります。毎年、各家の縁側を利用した写真などの展示を行っていましたが、賑わい過ぎて近年は行われていない様です。その代わり地域内に多くの「案山子」を設置しています。上記写真のトイレ前にも写っていますが、案山子というか人形のような印象です。国道140号線沿いの駐在所にある案山子を目にした方も多いと思います。以前の縁側での展示に関しては以下で紹介されています。

贄川地区内には駐車スペースは無いので、気を付けて下さい。

秩父ジオグラビティパーク(2019年3月追記)

2019年2月に贄川宿から国道140号線に繋がる地点(現在の贄川交差点ではない)から、荒川を渡っていた「旧白川橋」の橋脚を利用した施設「秩父ジオグラビティパーク」がオープンしています。荒川を渡る吊り橋があるそうですが、ハーネスを付けた上で僅かにある足場で荒川を渡る様です。

秩父の吊り橋というと二瀬ダムの2つの吊り橋が「ある意味」有名ですが、国道140号線側の吊り橋(秩父湖橋)は渡る事は出来ず、二瀬ダムの左岸にある駐車場から見える吊り橋(大洞橋)もその先で通行が禁止されています。元々この2つの吊り橋は秩父湖対岸の遊歩道用ですが、遊歩道自体も現在は通行は出来ません。

上記は二瀬ダム左岸から見た吊り橋の1つ「大洞橋」と対岸の遊歩道です(2019年3月現在)。

その他・補足

国道140号線から贄川地区への入り口は、贄川交差点から三峯神社方向へ少し行った先、歩道橋の所になります。道の駅「あらかわ」から来ると、かなり鋭角なので注意が必要です。国道140号線沿いに「案山子(かかし)」の案内も出ています。下記地図を見て下さい。

※トイレは綺麗に使わせて頂きましょう。出来れば近くの自販機等の御利用を。