「セカイモン」でドイツから商品を購入

2018年9月24日OBD2,社外部品・DIY

先日、海外オークションサイトの購入代行を行っている「セカイモン」で、とある商品を購入しました。私はこれまで国内オークションサイトでの買い物自体もした事がないのですが、そのとある商品がなかなか見つからず、アメリカのAmazonやe-Bayまで探した結果、e-Bayで2件だけ出品されていました。ただし出品はどちらもドイツ国内からで、説明文も当然ドイツ語なのでちょっとハードルが高いです。そこで「セカイモン」の代行を利用しました。

スポンサーリンク

※この記事は2018年9月時点での状況です。これ以降でセカイモンやe-Bayのシステムなどが異なったり、今回のドイツ以外の国では状況が異なる可能性があります。1つの体験談として下さい。

購入(落札)した商品

先に購入した物を言うと、車の診断コネクター(OBD2)に繋いで車両の情報などを見たりする機器です。私が現在付けているトラストのインフォメーターも同じ仕組みの物で、レーダー探知機のオプションでも診断コネクターと繋いで情報を表示出来る物があります。その他にはスマホに情報を表示させる事が出来る物もありますが、こちらはBluetoothやWi-Fiでスマホと接続し、スマホではアプリを用いて情報を表示します。

私が今回購入した物もスマホで車両の情報を表示させる物と同じなのですが、現在主流のBluetoothやWi-FiではなくPCでの利用を想定した、有線でRS232C(D-SUB9ピン)タイプの物です。もちろんPCでもBluetoothやWi-Fiでも利用は可能ですし、有線であればUSBタイプがありますが、今回は接続する機器側で実験的に利用する為にRS232Cを探しました。今となってはPCでもRS232の通信コネクターは見掛けませんが、故にだいぶ古い商品なのでなかなか見つからなかったのです。

セカイモン

セカイモンはe-Bayの日本向け購入代行サービスを行っています。本家e-Bayでは世界各国から出品がありますが、セカイモンで購入代行が出来るのは現状(2018年9月)でアメリカ、イギリス、ドイツの3か国からの出品のみです。3か国それぞれにセカイモンの物流センターがあり、日本の利用者がセカイモンを通じて購入(落札)した商品は、出品者がその国の物流センターに発送し、そこからセカイモンが日本の利用者の元まで発送します。購入代行なので実際に出品者から購入するのはセカイモンです。何か問題があった場合の対応や、出品者とのやりとりが必要になった場合の仲介も行うとあります。また商品の検索や実際の購入はe-BayではなくセカイモンのWebページで行います。セカイモンのWebページでは日本語、日本円の表示となっていて、出品者が記載した商品説明も翻訳されます。e-Bayへの登録等も必要ありません。

費用

掛かる費用は商品の購入(落札)時と日本国内で手元に届く時の2回発生します(例外有り)。

購入(落札)時

購入(落札)価格の他に、セカイモンへの手数料、購入した商品のセカイモン物流センターまでの送料・保険料、その国の消費税などが掛かります。これらは購入が決まった時にクレジットカードやペイパルで決済されますが、支払自体はセカイモンに対して行います。

今回私が購入した物は即決で2000円程度でした。これにセカイモンの手数料800円と物流センターまでの送料・保険料で684円が加算されています。合計で約3500円。現地の消費税は掛かっていませんでした(0円)。

手元に届く時

セカイモンの物流センターからの国際便送料、関税、消費税を支払います。実際に通関手続きがされないと価格が決まらない為、これらは着払いになります。関税や消費税は必ず掛かるものではありません。

こちらは今回の私の場合、関税と消費税は掛からず(0円)、国際便送料の3000円弱のみでした。

購入から到着までの流れ

各商品にはお届け予定日(留め置きサービスを利用しない場合)が表示されていますが、今回私が購入した物は購入時点で購入日を含めると18日目以降となっていました。出品者からセカイモンの物流センターを経由して日本に発送されるので、それなりに時間が掛かります。以下、今回実際に掛かった日数を書いてみます。

1日目(購入日当日)

金曜日に購入しました。購入後に購入手続き完了メール(自動)が来ました。またこの日の内に現地物流センターでの「入庫確認予定日」メールも来ました。「確認予定日」となっているので、実際に物流センターに届いた商品を逐一チェックしているのではなく、私の今回の商品では購入日当日を含めて13日後の案内になっていますが、その日にならないと確認はされないという事でしょうか?ちなみに購入(落札)完了からの配送(進捗)状況はセカイモンのマイページで確認出来る様になっています。

5日目

マイページの配送状況に、出品者がセカイモンの物流センターへ送ったとの表示が追加されました。ドイツポストの追跡番号とサイトへのリンクが案内されていたので照会すると、出品者はちょうどこの日に発送した模様です。金曜日に購入したので週明けに発送という事でしょう。ここは出品者による部分です。

14日目

この日の朝、セカイモンからメールが来ました。内容はセカイモンの物流センターから出荷したとの事。この間、ドイツポストの追跡結果が「〇日に出荷」から変わらず、ドイツって結構時間掛かるのだなぁと思っていました。改めてドイツポストで照会しても「出荷」のみの記載です。配達済みまでは見ないシステムなのでしょうか。

セカイモンのマイページでの配送状況は12日目で「物流センターに到着」、「商品確認作業中」となっていました。まだ次の「物流センターから発送~通関作業中」にはなっていませんでしたが、既にヤマト国際便の追跡番号とサイトへのリンクが記載されていて、この番号を照会すると前日の13日目にアムステルダム支店で荷受、この日の14日目で出荷となっていました。

また結果として1日目のメールで来た「確認予定日(13日後)」がほぼ正しいスケジュールになっています。

16日目

再びセカイモンからメールが来ました。国内での通関を通過したとの事。合わせて着払いとなる国際便送料と関税、消費税の案内がありました。ヤマト国際便が現地を出荷して2日で国内に到着し、その日の内に通関まで済んでいる形です。

またヤマト国際便の追跡番号は国内に入ると国内用の追跡番号(ヤマト運輸)に変わる様です。ヤマト国際便の照会ページで国内の追跡番号が追加表示されます。コピペしてヤマト運輸側で照会すると国内の配送状況が確認出来ました。

17日目

国内のヤマト運輸の配送状況で、この日に届く案内になっていました。ただしこの日は都合が悪かったので、翌日への日時変更を依頼しました。

18日目

購入した物が届きました。着払いにて国際便送料を支払いましたが、メールに記載された金額は端数で「1円」があったのですが、実際にはその1円は切り捨てられていました(10円単位まで)。お金はピッタリ用意していたので1円返ってきた形ですが、なぜ1円切り捨てになったのかは分かりません。そう言えば購入時に表示されていたお届け予定日の最短の日数で受け取った事になりますが、こちらもほぼスケジュール通りの結果となりました。

到着した商品

商品は段ボールで届きました。ヤマト運輸の国際宅急便(着払い)の送り状が貼られています。各項目や問合せ先は日本語、日本のフリーダイヤルなので日本に着いてから貼られた様です。ただしお届け先、依頼主住所は英語表記になっています。別途ドイツで貼られたと思われる送り状があるのですが、この中にセカイモンで登録した「購入者ID」が記載されています。パスワードが無ければどうにもなりませんが、パスワードをIDの順番を入れ替えただけなどにしていると不正アクセスの可能性もあるので注意が必要ですし、記載自体もちょっと気になりました。

段ボールを開けると緩衝材がすき間なく入っていました。出品者がしっかりと入れてくれたと思ったのですが・・・。

商品は緩衝材の中心に、別の緩衝材に巻かれて入っていました。箱にはドイツ国内の配送に関わる送り状などは見当たらないので、セカイモンの物流センターで梱包し直した様子です。

一緒にセカイモンの案内の紙が入っていました。基本的には出品者による梱包状態で送るとあります。セカイモン物流センターによる梱包に問題は無くしっかりとされていましたが、ドイツ国内での配送の様子というか雰囲気が無いので逆に少し寂しいくらいです。出品者の梱包状態のままであれば、「ドイツから来た感」も十分あるのでしょうね。

利用してみて

実際に利用する前にネットでの体験記や評価なども見てみましたが、良し悪し共に多くありました。オークションなのでリスクは当然ありますし、セカイモンの様な代行サービスを利用してもそのリスクは「0」にはなりません。セカイモンの各国の物流センターでは届いた商品のチェックも行っている様ですが、あくまで見た目上の破損や梱包の状態を確認しているレベルと考えた方が良さそうです。この時に問題があればセカイモンで対応してくれるそうですが、商品の購入は基本的に利用者の購入時の判断による所が大きく、セカイモンの物流センターまでの配送は出品者にもよる所です。

もちろんセカイモンを利用せずにe-Bayで直接出品者から購入する事も可能です。ただし出品者とのやりとりは当然自分で行う必要がありますし、住所や氏名などを相手に直接伝える事にもなります。商品が実際に届くまでの情報も自分で管理する部分が多くなります。この様なリスクや煩わしさを軽減させたい場合に、手数料を支払う事でセカイモンの様な代行サービスを利用する事になります。

今回私が利用した商品では購入から到着まで特に問題も無く、配送状況をメールや追跡番号で確認していただけなので、国内の通販ショップを利用した場合と変わりませんでした。これであれば気兼ねなく今後も利用しても良いと思えます。

先に書いた様にオークションなので、商品の内容や状態は利用者の判断と責任になります。ただし配送による問題が疑われる場合は、その判断や対応はちょっと面倒な事になるのかもしれません。また手元に届くまである程度時間も掛かるので、のんびり待つ事も必要でしょうか。

※購入する商品のサイズや重量によって、送料が高額になる場合があります。その他の注意点を含めてセカイモンのWebページをしっかりと読みましょう。

その他

本当はe-Bayで欲しい物が他にもあるのですが、こちらはアメリカからの出品です。価格ももう少し下がらないかなぁと眺めているのですが、その前に今回安い商品で海外から購入してみようと思った事もセカイモンを利用した理由の1つです。日本には無い商品も多いので、最近はe-Bayも覗く事が多くなりました。

購入した物については車で利用する物なのでいずれまた記事を書くつもりです。ただし最初に書いた通り実験的に利用するので上手くいかない場合もあります。その場合は何も書く事は出来ませんが、その結果を出すにもまだまだ時間が掛かりそうです。

「OBD2」関連記事

以下は「OBD2」タグの記事一覧です(投稿順)。現在の記事とこれ以降に投稿した記事も含みます。

その他

ブロック形式でプログラミングが行える、教育用「micro:bit」も始めてみました。micro:bitでもELM327と接続して車両OBD2ポートからの情報取得を試しています。

micro:bit全体の記事は以下から始まります。