Map2Geoで地図アプリ間の地点共有(送信)を行う(2021年3月更新)

2018年9月11日Android,ケンウッドカーナビ,マップ

スマホの地図アプリについて、前回はオフラインマップアプリの「MAPS.ME」を使ってみました。個人的にはやはり情報量の多い「GoogleMap」アプリの利用頻度が高く、GoogleMapアプリで地点を選択した上で、「共有」機能から「NaviCon」アプリにその地点を共有(送信)しています。NaviConは車両のカーナビ専用機器に、NaviCon上の地図で選択した地点を目的地や経由地として送信出来る便利なアプリですが、屋外で通信状況が良くない場合などでは地図表示に時間が掛かるので利用を途中で諦める事もあります。一時的にMAPS.MEがGoogleMapアプリの代替になると良いのですが、MAPS.MEからNaviConへの地点共有は正式にはサポートされていません。今回は地図アプリの共有機能を補助するアプリがあったので試してみました。

※2021年3月現在、GoogleMapアプリでは「オフラインマップ」機能がサポートされています。

スポンサーリンク

注記

記事の内容はAndroidスマホ(9.0)にて、GoogleMapアプリ(マップ-ナビ、乗換案内)やMAPS.ME等を使用しています。AndroidのOSやアプリのバージョン、iOS機等の条件で利用方法が異なる場合があります。また私の個人的な利用方法と所感ですので、説明の至らない点や間違い等もあるかと思います。

※2021年3月現在、これまでの記事を見直して新規に書き直しています。以前の記事は2ページ目に残していますが、通常では見る必要は無いと思います。関連する記事も徐々に見直す予定ですが、時期や記事によっては未修正になっている場合があります。

MAPS.MEアプリについては下記記事を見て下さい。

Map2Geo

地図アプリの共有機能を補助するアプリとして「Map2Geo」というアプリがあります。このアプリは単体で機能する事は無く、画面上にアイコンが作成される事もありません。また残念ながら現在のところiOS版は無い様です。

Map2Geoをインストールすると各地図アプリの「共有」からの選択メニュー内に、「Map2Geo」または「他の地図へ転送」という項目が追加されます。

MAPS.MEの場合(2021年3月以前)

※下記スクリーンショットは旧バージョンの物です。

MAPS.ME上で任意地点を長押しして選択し、「その他の共有」をタップすると(上記A)、共有先として他のアプリ一覧が表示されます。この中から「NaviCon」を選択した場合(上記B)、NaviCon上ではその地点が正しく認識されません(上記C)。

その他の共有で「Map2Geo」を選択した場合、さらに共有先とするアプリ一覧が表示されます(上記A)。この中からNaviConを選択すると、NaviCon上で正しい位置が認識されました(上記B)。

ただしMAPS.MEの地図内で施設や店舗といったアイコンを選択した場合は、Map2Geoを介さずに直接NaviConへ共有しても(その他の共有→NaviCon)、その地点を正しく認識出来る場合があります(NaviCon側で名称による検索をしている?)。

MAPS.MEの場合(2021年3月現在)

2021年3月現在、MAPS.MEで任意地点(不明な場所)を選択して(上記A・B)、共有先としてMap2Geoを選択しても(上記C)、「座標を取得出来ませんでした」となってしまいます(上記D)。これまでも各地図アプリの仕様変更で度々この様になってしまう事がありましたが、都度Map2Geo側の対応(アプリのアップデート)で再び正しく利用出来る様になっています。

また2021年3月以前と同様にMAPS.MEで施設や店舗等のアイコンを選択した場合、あるいは任意地点でも固有名称が表示されている場合は(上記A・B)、Map2Geoを介さずに直接NaviConへ共有すると(上記C)、NaviConでも認識出来る点は変わりませんでした(上記D)。

ただし一般的な名称(森林・ストリート等)や似た様な名称がある場合では、他の全く異なる地点が選択されます。上記ではMAPS.MEで東京新宿区の「東通り」を選択していますが、NaviConでは大阪北区の「阪急東通商店街」が選択されました。名称が英語表記の場合は海外になる事もあります。

その他の地図アプリの場合(2021年3月現在)

Map2Geoがサポートする地図アプリは様々あります。その内容はGooglePlayのアプリページに記載されていますが、最も利用されるパターンはGoogleMapアプリからYahoo!カーナビでしょうか。GoogleMapアプリからの地点共有は正式にはYahoo!カーナビに対応していませんが、Map2Geoを利用する事で地点の他にルートの共有も可能になります。

注意点

Map2Geoでサポートする各地図アプリについては、共有元/共有先として機能する・共有元/共有先のどちらか一方として機能するなどの制約もあります。また現在のMAPS.MEの様に仕様変更で正しく共有出来ない場合がありますが、後のMap2Geoアプリのアップデートで解消される事があります。

GoogleMapアプリとYahoo!カーナビ、またはNaviConとの共有についてはそれぞれ下記記事を見て下さい。

「マップ」関連記事

以下は「マップ」タグが付く記事一覧です(投稿順)。現在の記事とこれ以降に投稿した記事も含みます。